ホーム > 歯周病・歯周外科

歯周病・歯周外科

歯周病・歯周外科 ほとんど痛みのない「初期歯周病」。10代から進行することもあります。

歯周病とは

口内のプラーク中には、1gあたり3億の細菌がいるといわれています。
その細菌が繁殖を繰り返すと、周囲の歯肉が炎症を起こします。
炎症が悪化し、歯周組織が弱体化した状態を総称して「歯周病」といいます。
次のような症状に心当たりはありませんか。

  • 歯ぐきが腫れている、出血がある
  • 歯がぐらつく
  • 歯、歯ぐきがしみる
  • 歯の隙間にものが挟まりやすい
  • 口臭が気になる
  • 歯ぐきが下がってきた

もし、これらの症状がすでに現れている方は、早期の受診をお勧めします。
歯周病予防・歯周病治療なら、門真市にあるクマシロ歯科診療所へお越しください。

歯周病の原因

歯周病の原因は、主にプラークです。
しかし人が飲食をする以上、プラークをまったく発生させないのは不可能です。
となると、大切なのは「いかに除去するか」ということになります。

毎日きちんとブラッシングをしているつもりでも、歯学的に正しいブラッシングができている人はあまりいません。
ブラッシングにも個々人で癖があり、磨き過ぎている箇所、磨き足りていない箇所というものが存在します。
また、歯並びや過去の治療によっては、よりその方に合わせたブラッシングが必要となります。

正しいブラッシングができていないと、むし歯だけでなく歯周病のリスクも高まることになってしまいます。
当診療所では、患者さまお一人おひとりに合ったブラッシングを指導させていただいております。

歯周病の怖さ

 歯周病

歯周病というと、中高年になってからかかるものと思われがちですが、そんなことはありません。
食生活を含めた生活習慣、ブラッシングの方法、体質によっては、10代から進行が始まることもあります。
初期歯周病の進行は比較的ゆっくりしたものですが、恐ろしいのは、その時期には症状や痛みがほとんどないことです。

症状や痛みが顕著になる頃には、中度、重度にまで進行していることが多く、初期段階では可能であった治療ができなくなっている場合もあります。
最悪の場合、抜歯する以外には方法がない、という事態に陥ることもあります。

意外だと思われるかもしれませんが、深くなった歯周ポケットをきれいにするのは、歯科医であっても非常に高度な技術を要します。
歯周ポケットが浅ければ浅いほど、クリーニングの難易度は下がり、正確性は高まります。
外科的処置という方法もありますが、そうなる前に歯科医院を受診して、クリーニングによって症状を抑制・改善するに越したことはありません。

「正しいブラッシング+歯科医院でのクリーニングによる治療」

比較的軽度の歯周病の場合、正しいブラッシングと、歯間、歯周ポケットのクリーニングによって状態の改善が望めます。
ただし、注意していただきたいのは、「正しいブラッシング」と「歯科医院でのクリーニング」のどちらか一方だけでは治療はうまくいかない、ということです。

当診療所の歯科医が直接治療できるのは、患者さまが来院されている間だけです。
診療所をあとにされた瞬間から、次のご来院までは、患者さまご自身で行うケアがとても大切になります。
もちろん、そのケア方法は、ブラッシングを含め十分に指導させていただきますが、それを守っていただく患者さまの協力が不可欠なのです。

患者さまの、より健康なお口のためにも、指導いたしましたケア方法をできる限り実行していただくよう、ご協力をよろしくお願いします。

歯周外科治療

歯は、歯槽骨、という骨によって支えられています。
歯周病が進行すると、この歯槽骨が溶け始め、つまり土台が弱くなるため、歯がぐらつきます。

そのような場合、歯周外科治療、つまり手術によって状態の改善を行う方法があります。
以下、紹介いたします。

GTR法

歯周病の進行により骨が失われた箇所に、「メンブレン」という特殊な膜を張り、そうしてつくったスペースで、骨の組織が回復するのを待ちます。

エムドゲイン

ブタの歯胚から取り出したエナメルタンパク質のことを、エムドゲインと呼びます。
歯周病の進行によって溶け始めた骨に塗布し、歯周組織の再生を促します。

フラップオペ

深くなってしまった歯周ポケットの歯肉を切開し、歯根の表面までをきれいにします。

患者さまの症状に一番合った方法を選択いたします。もちろんその際、各治療の特徴、なぜこの治療が必要なのか、この治療をすればどういった効果が得られるのか、きちんと説明させていただきます。