ホーム > 親不知・顎関節症

親不知・顎関節症

親不知・顎関節症 正しく生えていない親知らずは、むし歯、歯周病の原因に。

親知らず

親知らずというのは、真ん中の前歯から数えて8番目に生えてくる歯のことです。
よく「親知らずが痛くて……」と来院される方がいらっしゃいますが、「痛くて」ということはすでに何らかの悪影響を口内に与えている可能性が高いということです。

まっすぐに生えていて、痛みがなく、きちんとブラッシングできていれば基本的には抜歯の必要はありません。
しかし、次のようなケースでは抜歯をお勧めします。

1. 痛みがあるとき
2. まっすぐ生えていないとき(斜めに生えているとき)
3. 顎が小さいなどの理由で、ブラッシングが困難なとき

以上の症状がある方は、門真市のクマシロ歯科診療所までご相談ください。

1,痛みがあるとき

周囲の組織を圧迫、または傷つけている可能性があります。
傷口に細菌が入り込み、炎症を起こしますと歯周病の危険性も高まります。

2,まっすぐ生えていないとき(斜めに生えているとき)

斜め、または真横に親知らずが生えた場合、周囲の組織を圧迫、傷つける恐れがあります。
歯周病の原因になるのはもちろん、ブラッシングも困難になりますので、むし歯の危険性も高まるといえます。
また、隣の歯への圧迫があれば、歯並びの悪化へとつながります。

3,顎が小さいなどの理由で、ブラッシングが困難なとき

現代人の顎では、親知らずまできれいに生え揃うスペースを確保することはなかなかできません。
たとえきれいに生え揃ったとしても、ブラシのヘッドをそこに入れてきちんと磨く、というのは容易なことではないのです。
現在、むし歯や歯周病ではなくとも、予防歯科の観点から見れば、抜歯することをお勧めします。

顎関節症

顎関節症

顎を動かすと音が鳴る、口を開ける動作に違和感がある、痛みがある、などの症状の総称が「顎関節症」です。人によっては、急に発症する場合もあります。
よく耳にする名前でありながら、残念なことにはっきりとした原因がわかっていないのが現状です。
噛み合せ、睡眠時の姿勢などが原因となっている可能性はあります。

はっきりした原因がわからないからといって、「治療法がない」というわけではありません。
スプリント療法、投薬処置、外科処置などが挙げられますが、その判断は実際に症状を診なければできません。
痛みでなくとも、顎の周辺に違和感を抱えていらっしゃる方は、一度門真市のクマシロ歯科診療所にご相談ください。

スプリント療法

スプリントとは、顎関節症治療専用のマウスピースのことです。
スプリントを装着していただき、顎のずれを少しずつ、徐々に正常の位置に戻します。
100%の効果があると断言はできませんが、この方法で症状の改善が見られた方がたくさんいらっしゃるのも事実です。
まずはご相談ください。