ホーム > むし歯・無痛治療

一般歯科

むし歯・無痛治療 痛くない治療をするための「早期発見」。

お口のお悩みの中で、もっとも一般的で馴染み深いのがむし歯治療でしょう。
歯を削ったり、詰め物を詰めたり、という治療が基本となります。

しかし、むし歯治療ならどの医院でやっても同じ、というわけではありません。
むし歯をより小さい段階で発見できれば、それだけ治療も小規模なもので済みます。
また、削る範囲を最小限に留めることで、自然の歯をより多く残すことができます。

こういった歯科医師の技術と、予防歯科、つまり定期的な検診を受けていただくことが、むし歯の発生率を低減させ、お口の健康を保つ秘訣です。
門真市・守口市付近でむし歯治療をお考えの方は、お気軽にご来院ください。

定期検診

検診の内容

主に、歯石除去のクリーニングを行います。
特殊な器具を使用しますので、ご自宅でのブラッシングでは除去しきれない箇所まできれいにすることができます。

検診の効果

お口のクリーニングは、むし歯だけでなく、歯周病、その他あらゆるお口の症状の予防になります。
また、ご自身では気づけない初期のむし歯、初期の歯周病の早期発見により、患者さまの負担を軽減、治療費も抑えられます。

正しいブラッシング、正しいケアができているかをチェック

検診では、患者さま一人ひとりに合ったブラッシング方法、ケア方法を指導させていただきます。
歯科医院での定期検診に加え、患者さまご自身の歯に対する意識向上により、効果の高い予防が可能となります。

どのくらいの頻度で通えばよいか

これは、患者さまのお口の状態、経過の状況によって変わってきます。
たとえば、最初は毎月通うように言われたとしても、お口の状態が改善しているようであれば、3カ月に1回、半年に1回と通院の頻度を下げることができます。
検診だけでなく、日々の患者さまのご自宅での正しいケアにより、通う手間を省くことができるようになります。
予防歯科や歯科検診をお考えの方は、門真市・守口市のクマシロ歯科診療所へ。

できるだけ痛くない治療を

無痛治療

一般的に、「麻酔は痛い」と思われている方も多くいらっしゃることでしょう。
事実、痛くない麻酔はありません。
針を刺すわけですから、多少の痛みは伴います。
しかし、その痛みへの恐怖で、患者さまが受診や治療を躊躇うことはあってはなりません。
そこで当診療所では、麻酔注射を打つ際に一工夫を加えることで、痛みをできるだけ抑えます。
麻酔注射の直前、麻酔薬を塗ることで、針を刺す箇所をしびれさせ、針の挿入の際の痛みを和らげます。

特にお子さまの中には注射が苦手の方も多いと思われますので、ほとんどの場合、表面麻酔をしてからの注射を行っております。

もちろん、成人の方でも、注射が苦手、という方は事前におっしゃってください。
すべての患者さまが、少しでもリラックスして治療を受けられるように、準備は入念に行っております。