ホーム > 入れ歯

入れ歯

入れ歯 入れ歯も進化しています。 インプラントがすべて、ということはありません。

「入れ歯」と聞くと、昨今インプラント治療の人気に押され、衰退している治療法というような印象をお受けになるかもしれません。
しかし、入れ歯治療も日々進化しております。

門真市にあるクマシロ歯科診療所でも、固定のための金具がない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)、歯肉への負担の少ない入れ歯(生体シリコン義歯)、強く噛める入れ歯(金属床義歯)など、さまざまな方法をご用意しております。
インプラント治療より低価格で、手術が不要というメリットもあります。
また、入れ歯で十分満足して食べられる、お手入れの手間も気にならない、という方もたくさんいらっしゃいます。

現在ご使用の入れ歯にご不満・違和感がある方も、一度ご相談ください。

ノンクラスプデンチャー

従来の部分入れ歯には必ずついていた金具(バネ)がついていない入れ歯です。
金具の代わりに、特殊な素材で入れ歯を支えます
見た目には、入れ歯だとはほとんどわからないくらいです。
日本で知られるようになったのはごく最近のことですが、アメリカでは半世紀以上の実績を残しています。

料金¥100,000〜

金属床義歯

入れ歯の床にあたる部分の一部に金属を使用し、入れ歯の厚みを減らした入れ歯です。
薄いということは、装着の際の違和感が少ないということであり、食事や発音にも適しているといえます。
金属ですから強度に優れ、使用による歪みも最小限に抑えることができます。
※金属アレルギーの方は使用できません。

料金¥200,000〜

アタッチメントデンチャー

特殊な装置を用いて入れ歯を固定、または固定する力を増強する方法です。
マグネット、ミリング、コーヌスなど、いくつかの種類がありますが、いずれも金具がなく見た目にも優れます。
装置によっては、総入れ歯に使用することも可能です。
※装置を設置するため、歯をいくらか削る必要があります。

料金¥150,000〜

インプラントオーバーデンチャー(IOD)

顎の骨に数本(2~4本)のインプラントを埋入し、その上に設置した装置に固定した入れ歯のことです。
インプラントで強固に固定されているため、しっかりと噛むことができます。
入れ歯とインプラントを融合させた治療法といえるでしょう。
取り外しができますので、お手入れが簡単であり、すべての歯をインプラントにする場合と比べると非常に経済的でもあります。
※インプラント治療を伴うため、外科処置が必要となります。

料金インプラント埋入代+固定装置代(1本¥300,000〜)
+入れ歯代(¥200,000〜)

生体シリコン義歯

入れ歯の歯肉面の裏側を、生体用シリコンで覆った入れ歯です。
クッション性に優れた生体用シリコンは、噛んだときに歯肉にかかる負担を軽減してくれます。
また、抜群の吸着力により、しっかりと噛むことができます。
以前までのシリコンは、変質や劣化に弱いといった欠点がありましたが、生体用シリコンはその欠点を克服した素材といえます。
「痛い、噛めない、外れやすい」といった、入れ歯にありがちなお悩みを解消してくれる義歯です。

料金¥100,000〜

ブレードティース

上顎の臼歯にクロスブレード(金属製)を設置し、少ない力で効率よく噛むことができます。
噛み切る力もアップし、歯肉への負担を減らすことができます。